鞄の中身について。

えーっと。。三日坊主をクリアしました。かにゅうです!

 

近所のラーメン屋で普段はまぜそばとか月替わりの限定ラーメンとか食べていたのですが先日タンメンを頂きました。ここ1年くらいで何回か行ってたのですが今回初めて食べました。看板にはタンメン本舗と書かれているのに。。タンメンに魅力がないわけではないのです。他のものが美味しそうでそちらに気を取られていました。ですが流石です。看板に偽りなしです。美味しかったです。これからはお店自慢の一品を頂こうと思いました。

 

さて、普段お出かけするとき鞄に何を入れていきますか?鞄を持たない方もいらっしゃると思いますが、持って行くとしたら何を入れますか??

 

もちろんお仕事用とプライベート用で違うかとは思いますが、最近あたしは仕事もプライベートも一緒くたになってます。。

 

MacBook Air 11インチ

トラベラーズノート

iPhone

ポケットwifi

PS vita

ヘッドホン

モバイルバッテリー

メモ帳

スケッチブック

ペンケース

歯磨きセット

財布

リップとかその他小物

 

なんか持ち物だけは立派なブロガーさんみたいですね。でもブログは出来るだけ家で打ち込もうと思ってます。PCはメールと動画と仕事用です。タブレット欲しいです。。誰かといるときはほとんど使わないですしね。以前はこれにカメラとiPodと傘が入ってました。カメラとiPodiPhoneで良くなったし、傘は持ってるの忘れてコンビニで買ってしまったりして持たなくなりました。

 

もう少し暖かくなるとロードバイク(小径車)に乗るのですが鞄がメッセンジャーバックになるくらいでほとんど変わりません。

 

冬山登山だスノーボードだとか言ってるくせに普段は寒がりでお休みの日は家にいることが多いのです。。

 

先週少し暖かい日もありましたがまた寒くなりましたね。季節の変わり目ですかね。。春が待ち遠しいです。

 

でわでわ。

 

 

登山、冬山装備について。

寒さが厳しくなってきました。かにゅうです!

 

先日、家の近くの焼肉屋さんで松阪牛のホルモンを頂きました。当たり前ですが脂が松阪牛なんです!甘くてとろけて美味しい余韻が残るんです!お店自慢のタレは少し残念な気がしましたがホルモンは最高でした。

 

さて、連泊登山される方は小屋泊ですか?テント泊ですか?

 

あたしは断然テント泊が好きです。

 

料理自慢の小屋とかもあって食べてみたいですが、不自由な環境で少しでも自由でいたくて出来るだけテント泊をしてます。荷物が重たいですが。。

 

今月は西穂高岳方面に2泊3日テント泊の雪山山行計画がありました。まぁ見送りになりましたが。。

 

ロープウェイで上まで行って、夏山なら1時間30分ほどで西穂山荘に着きます。そこにテント張って翌朝アタック開始です。あたしはおそらく独標くらいまでしか行けませんが。。怖がりなので。。それでもう1泊してロープウェイで下山する。そういう計画でした。

 

あたしは登山歴は20年を超えました。冬山登山は練習も含め8回程登ってます。冬山経験は少ないですが以前行った八ヶ岳は赤岳に登った時、天候も良く目の前になんとも言えない素晴らしい景色が広がってて、その感動が忘れられなくて予定だとか天候だとかのタイミングが合えばまたどこかの冬山に行こうと思ってました。

 

確かに、毎年冬山では多くの方々が亡くなられています。。死んでも良いなんて考えは持ってはいないのですが雪深い山々を想像したらゾクゾクしちゃいます。計画が決まったその日から何度もイメージトレーニングをし、何度も荷物を見直して危なくなったら引き返そうと心に決めて憧れの地に向かっていくのです。

 

そこで、今回は愛すべき道具たちを簡単ではございますが紹介したいと思います。

 

65ℓのザック

テント

スノーフライ

グランドシート

スノーアンカー

厳冬期用ダウンシュラフ

ゴアテックスシュラフカバー

スリーピングマット

座布団

LEDランタン

厳冬期用ハードシェル

ライミングパンツ

ダウンジャケット

ダウンパンツ

レインウェア

フリース

スキンズ ヒートテック的なやつ上下

ニット帽

靴下

冬用シューズ

スノーシュー

ピッケル

アイゼン

シャベル

ヘルメット

ゴーグル

サングラス

ヘッドランプ

冬山用グローブ

インナーグローブ

テントシューズ

クッカー

クッキングストーブ

ミニテーブル

ボトル

保温ボトル

コーヒーセット

アルコール類

食材

ナイフ

ライミングロープ

細引き

地図

コンパス

乾電池

モバイルバッテリー

エマージェンシーキット

 

ざっと荷物はこんくらいですかね。。実際の山行ではチェックシートを用意して忘れ物のないようにしましょう。。

 

結構ありますね。。重さにして20kgちょっとですかね。初めて冬山に行くことになった時に「アイゼン、ピッケルスノーシュー用意しましたので行けますよぉ」と同行者に伝えたら「使えなかったら置いていくよ」と言われました。当たり前だ。ただでさえ足場が悪い時に行こうとしてるのに歩けなかったらねぇ。。なんのハンデ戦だ?どっちが有利なんだ??山か?あたしか?みたいな。。

 

靴だってそうです。新しい靴で数時間歩いただけで靴擦れっておきますよね。登山靴も同じです。それを2日3日続けたら足がジュクジュクに・・なる??わかりませんが全てにおいて現地で使えるようにしておきましょう。現地で袋からだすことのないように。

 

 それにしても登山道具って一生モノとはいえお金かかりますねぇ。。お値段以上なのでしょうか。。全て揃うまでは人から借りたり代用できるものは代用したりして、どうにかこうにか揃えてきました。全部がお気に入りと言いますか全部納得のいくものを揃えてきました。石井スポーツさんと好日山荘さんとモンベルさんをぐるぐる廻って。。

 

日本の山を登るのでしたらモンベルさんで全て揃うと思います。安心安全コスパ最強です!あたしもテント、寝袋はモンベルさんです。以前有名な涸沢カールのテント場行った時はあちこちにモンベルさんいらっしゃいました。。黄色いフライシートがだいぶ目立ってました。ステラリッジテントも今では何色か選べるみたいですが。。あと降雪時に役立つスノーフライが着けられるのがいいですね。これでほぼオールシーズン使えるのではないでしょうか。寝袋は包まれてる感じがちょうどいいです。

 

あと冬装備でいうとアイゼンとピッケルですね。これはグリベルです。どちらもガッと打ち込みやすくて使用感がとてもいいです。それに格好よくて所有欲も満たしてくれます。これらも頑丈そうなので一生モノです。ヘルメットもグリベルです。

 

とにかく冬は夏に比べ装備が重たいのと足場や視界が悪いので余裕ある山行を計画し、出かけた時と同じ状態でお家に帰るとこを心がけてます。

 

一つ一つ紹介したいのですが機会があればその時にします。日本の国土の約75%は山地にあたると言われています。まだまだ遊べます。遊び尽くしましょう!

 

でわでわ。

 

 

 

 

 

 

 

手帳について。

まだまだ寒い日が続きますね。。かにゅうです!

 

ブログを始めて参考になればと色々な方の記事を見てきました。

 

 結果、ブログの始め方という記事をたくさんの方が書いてましたが、そのブログ自体がセンス良くまとまっててあたしにここまで出来るかなと早くも挫折しそうになりました。。

 

他人に手解きしようって方々なので初心者のあたしが比べるのも間違ってますが、感心しました。

 

ところで、手帳はどんな物をどの様に使ってますか??

 

 あたしの最近のお気に入りはトラベラーズノート

 

レギュラーサイズとパスポートサイズの2種類でカラーは黒・茶・キャメルの3色が定番であったと思います。あたしは黒のレギュラーサイズを1年くらい使ってますが、なかなか手に馴染んできて使いやすくて毎日さわってます。

 

手帳を使い出すきっかけになったのが就職して営業職に就いてからです。最近ではスマホのアプリ等使っている方々も見受けられますが、あたしは相手がしゃべっている内容をメモする場合にスマホをクリクリやっているのがどうも失礼に感じてしまい、遠慮なくペンでガンガン書き込める手帳を多分これからも選んで使っていくと思います。

 

そんなこんなで今まで結構種類は使ってきたと思います。

 

Davinci(ダ・ヴィンチ

 

システム手帳のド定番です。聖書サイズを使ってました。使い込んでいくと手になじみ開きたいページがすぐ開けるようになり、使いたい時にすぐに使えるようになります。カバンの中に入れておくと存在感がすごいのですぐに取り出せます。アピってきます!リフィルについても必要にして十分すぎるはどあり、自分好みの手帳が作れ、所有欲を満たしてくれて楽しくなってきます。ただ。。仕事が忙しくなり、手帳に物足りなさを感じて、机の上のブックスタンドが定位置になってしまわれました。。本体カバーは今見ても品があり格好いいです。またいずれ使う日が来ると思いますので大事に保管していこうと思います。

 

 

フランクリンプランナー

 

7つの習慣を実行して人生を豊かにしよう。。一生に一度しかない人生、自分はどうありたいか?そのために今日1日何をやらなきゃいけないか?をタイムスケジュールで管理でき、単なる手帳としてだけのものではなく、自分の人生設計まで細かく管理できると言う代物です。コンパクトサイズで1日見開き1ページを使ってました。以前使っていた聖書サイズの一回り大きなサイズです。当時勤めていた会社の上司先輩が使っていて憧れを持って使い始めました。仕事や私生活、人生の予定や記録を残らず書き込んでやろうと気合い入ってました。挫折しました。。確かに時間の無駄が省けるようになり、その日出会った人の名前や特徴を書き込んでいたので人間関係も良好になり、目標に向かって楽しい生活を送れていたと思います。ですが。。書くのを忘れると白紙のページが増えていきます。1日2ページずつ増えていきます。こんなんでは意味がないとか手帳に縛られる人生ってとか色々言い訳を履いて止めてしまいました。今でも使っている人を見ると格好いいなと憧れの目で見てしまいます。

 

 

MOLESKINEモレスキン

 

オリジナルのモレスキン19世紀後半、パリの文房具店で販売され、ゴッホピカソも使っていたそうです。それに似せて作られているのが現在売られているモレスキンです。。サイズや種類も豊富にあり自分の1冊が見つかると思います。あたしはハードカバーの無地でポケットサイズのものを手帳として使ってました。さらなる自由を求めて。。撥水加工が施してあり多少濡れた手で使ってもビクともしない頑丈な作りです。ですが、やっぱりそこは紙製品です。スーツのポケットに入れ毎日使ってましたが雨や汗で1冊使い終える頃には表紙がメリメリ言ってきます。2冊目も使ってましたがしばらくは見返すために両方持ってました。すると1冊目は表紙とノートの部分が外れどうもならん状態になってしまいました。それでもモレスキンは好きでサイズは違いますがノートとして使ってます。最近ではiPhoneカバーもモレスキンです。

 

 

ほぼ日手帳

 

雨や汗に濡れて使えなくなることを嫌い、スーツのポケットにしっかり収まるサイズがあることを前提に探してました。そこで、ほぼ日手帳のweeks(見開き1週間)に出会いました。オプションのビニール製のカバーにはペンホルダーも付いていて、メモスペースもしっかりあってとても使いやすいです。モレスキンのノートをカバンに入れてほぼ日手帳をスーツのポケッットに入れて併用してました。これが私の生活スタイルにぴったりはまって会社を辞めるその日まで数年使い続けました。

 

 

TRAVELER'S notebook(トラベラーズノート

 

数あるリフィルの中から好きなものを選んで、タイのチェンマイで加工された1枚の牛革素材のカバーで挟んでゴムでパチンと止めただけのいたってシンプルな手帳です。あたしはクラフトファイルとジッパーケースと2017年月間ノートとフリーの日記と無罫のノートを挟んでます。中にはリフィルを自作したり、チャームを付けたり、財布にしたり、カード入れにしたり、小物入れにしたりと様々な使い方をしている方々がいらっしゃるようです。とにかく自由です!まだ1年しか使ってないですが革素材特有の経年変化も楽しめますしこれからますます手放せなくなると思います。楽しみです。

 

シンプルな手帳ほど人や場所を選ばず自由に使いこなすことができると思います。ただ、先月あったことや、先週誰かに言われたこと等、記憶を一瞬にして呼び起こすことのできるシステム手帳はやっぱり凄いです。その時その時で自分のライフスタイルに合わせた手帳を選んでいくのも良いかもしれませんね。

 

でわでわ。

ブログを始めるにあたって。

初めまして、東京生まれ東京育ち三重県在住、かにゅうと申します。

 

突然ですがブログを始めようと思った、始めたきっかけは何ですか??

 

何年も続けている方もこれから始めようと思ってる方も何がきっかけになったんでしょう。。

 

あたしは以前から興味あったものの忙しいとか忘れてたとか。いつの間にかやらなくなっちゃってました。。

 

周りの人達に聞いてもブログなんてそんなもんだとか。ネタが尽きたとか。スーパー三日坊主だとか。スーパーて。。

 

でも今回は違います!じっくり育てながら、ゆっくりのんびり更新しようかなと思います。気合いが入ってるんだか何だかわかりませんが続けちゃいますよー!!

 

さて、これからブログを始めるにあたり見出しとなるテーマ、趣味や生活、映画や音楽、旅行や仕事のこと何について何を書いて行こうか悩みます。。

 

WordPressかHatenaBlogか。。

 

結果、何となくHatenaBlogにして、良かったことや感動したことなどUPして、そのうち共感できる人や記事に出会って、生活の役に立ったり表現力を高めたり自分自身成長させてもらったり出来たらなと思いました。

 

 簡単で粗末な文章ではございますが1記事目を終わりにしたいと思います。

 

でわでわ。